メニューを開く

up!!!

検索を開く
LAZY
伝説のアルバム「宇宙船地球号」完全再現配信ライブを開催

44年前のLAZYデビューシングル発売日となる7月25日(日)にLAZYとして初の配信となる「7 SAMURAI PROJECT LAZY「宇宙船地球号」完全再現配信ライブ」が開催された。


太陽の光が地球を照らす壮大な映像が、ステージ中央のヴィジョンに映し出された後、『宇宙船地球号』のアルバムジャケットのアートワークが神々しくそこに掲げられ、ステージを見守った。SEは、LAZYの最後のライブで使われた第1期のSE。宇宙映画を思わす壮大なそのSEは、幕開けの高揚感を煽るにはもちろん、当時を知るファンにとっては最高に感動的なポイントとなったに違いない。

高崎、樋口宗孝の一番弟子であるという加藤剛志、JAM Projectのバンマスでもある山本直哉、井上、の順にステージに姿を現し定位置に着くと、アルバムの1曲目を飾る「DREAMER」が放たれた。

アルバムに収録された原曲の素晴らしさも然る事乍ら、それぞれがミュージシャンとして重ねたキャリアとスキルが深みとなって、最強の「DREAMER」となって放たれたのである。イントロで下手から走り出て来て、センターで流石のボーカル力をヘヴィなサウンドに乗せた影山。揺るぎない伸びやかな圧巻のボーカルは当時以上にパワフルであったのに加え、白いマイクスタンドを操りながらパフォーマンスするヤンチャな姿は紛れもなく“あの頃のままのミッシェル”だった。


2


圧巻のギターソロ、間奏後の息の合ったブレイク、ギターと鍵盤のユニゾン。ステージに立つ彼らに、“あの頃のまま”という懐かしさを感じさせられつつも、さすがの演奏力に、今もなお、こんなにも成長し続けているバンド力を感じ、息をするのも忘れる勢いであった。間髪入れずに届けられたのは「DREAMY EXPRESS TRIP」。その曲は、ライブ前に公言していた“高崎晃によるボーカル”で届けられた。2曲目に高崎のボーカルのLAZYを聴けるのも、この企画ならではの最高の演出であった。『宇宙船地球号』のアルバム収録順のセットリストとあって、画面越しにライブを観ていたオーディエンスの頭の中には、前曲のアウトロで早くも次曲のイントロが流れていたに違いない。が、しかし、それは退屈な予定調和の出来レースに映ることは全くなかった。広いステージを上手く使いこなす影山の“魅せ方”は、バンドのみの世界では培えなかったであろう、アイドル時代に習得したのであろうカメラワークに対してのアプローチも大きく影響していると感じた華やかさがあった。そんなアイドル時代から、間奏では一瞬にしてアイドルから離脱し、輝かしいライトハンドを披露していた高崎。もちろん、この日もラウドネスのギタリストとなってからも世界を唸らした絶品のライトハンドで楽曲を彩った。


3


「天使が見たものは」で高崎が魅せた哀愁のアルペジオも、“世界の高崎晃”を感じさせる憂いを漂わせ、激しさと力強さだけでは無い高崎晃のギターの魅力をまじまじと感じさせられる瞬間の連続を、早くも3曲目にして味わうことが出来た。柔らかなメロディの中にエッジの効いた鍵盤音を差し込む井上のセンスも、LAZYのサウンドに無くてはならない重要な音である。シンバルを両手で静かに叩くプレイスタイルが樋口宗孝を彷彿とさせる加藤のドラミングも、主張し過ぎず全体のサウンドを大きく支える山本のベースも、とても大切にLAZYの音を積み上げていった。後半の激しい展開への見せ場の高揚感はあのときのままである。この激しい場面展開の物語を見事に歌い上げていた影山はホンモノである。ここまで素晴らしい表現力を持つボーカリストには、なかなかお目にかかれない。


4


MCでは約1年半ぶりとなるLAZYのステージが、『7 SAMURAI PROJECT』という新たに発足したプロジェクトの第一弾であることを説明し、それぞれを当時のステージネームであるミッシェル、スージー、ポッキーで紹介しつつ、近況を報告した。

洋楽からの色濃い影響を感じさせるリフを持つ「TIME GAP」や、当時LPのA面を締めくくっていた壮大なインスト「遥かなるマザーランド」と続けられたのだが、この曲達をオリジナルメンバーによって、2021年という未来であった現代にリアルに体感させてもらえているという幸福感にただただ包まれた瞬間でもあった。ここで急いでLPをひっくり返し、B面の1曲目である「EARTH ARK(宇宙船地球号)」に繋いだものだが、ライブでは「遥かなるマザーランド」「EARTH ARK(宇宙船地球号)」と間髪入れずに届けられたのだった。「遥かなるマザーランド」のスモーク、「EARTH ARK(宇宙船地球号)」のステージ後ろから彼らを浮かび上がらせたブルーの照明。その全てが掲げられた『宇宙船地球号』のジャケットアートワークを幻想的に演出していた。


5


「こうやって演奏してると、目の前にお客さんが居てくれないのが、なんか悪い冗談みたいに思えるんだけど、みんなが家でめっちゃ盛り上がってくれてることを信じてます!このアルバムは1980年くらいにレコーディングしてリリースされたLAZY最後のスタジオアルバムです。今から41年前にこのアルバムを当時ハタチくらいの自分達がレコーディングしたんだなって思うと、すごい感慨深いものがあります。あの頃は本当にアナログな時代で。樋口さんがカウントを入れて、みんなで音を出すっていうスタイルで全ての曲がレコーディングされました」(影山)

影山の言葉を中心に3人は“5人で力を合わせて作った手作りのアルバムだった”と、当時を振り返った。そして、この『宇宙船地球号』が、これからも自分達のターニングポイントであることは間違いないと語ったのだった。その言葉は、当時から彼らを支えて来たファン達にとっても、ここでこのアルバムに出逢うことになった新たなリスナーにとっても、心に深く刻まれる一言になったであろうと感じた。

「今日の様な機会を持てたことを嬉しく思います。そして、この企画を作ってくれたタッカン(高崎)に感謝します」(影山)

41年。残念ながら樋口と田中の姿はそこには無く、当時のままでは無いが、影山、高崎、井上と、当時を知るファン達が、未来を向いて集まれている今という奇跡を、改めて嬉しく思った。


6

次のページ>>

  • 1
  • 2
メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス