メニューを開く

up!!!

検索を開く
向井太一
“明日もう1回がんばってみよう”そう思える最新アルバムを携えた 約1年ぶりのリアル+配信ライブ開催!

向井太一のワンマンツアー「COLORLESS TOUR 2021」の東京・Zepp DiverCity公演が配信プラットフォーム「uP!!!」で独占配信された。


百田留衣、T.Kura、mabanua、Shingo.S、LAのプロデューサーAzad Naficy、William Leongなどが参加した最新アルバム「COLORLESS」は、“無色で純粋なありのままの自分の気持ちを忘れない”という原点回帰を表現した作品。オルタナR&Bの進化型とも言えるトラック、豊かな響きをたたえたメロディ、さらに表現力を増したボーカルがひとつになった本作の充実は、この日のライブでもダイレクトに表現されていた。


1



セットリストの中心はもちろん、アルバム「COLORLESS」の収録曲。オープニングは、<駆け抜けて なにもかも/投げ出すような恋をしよう>というアカペラから始まる「Love Is Life」。オーセンティックなソウル、R&Bに根差したバンドサウンドによって心地いいグルーヴが生まれ、フロアの観客がゆったりと身体を揺らし始める。さらに「向井太一です! 楽しんでいきましょう」という挨拶から、エレピのフレーズに導かれた切なくも愛らしいラブソング「Ups & Downs」、「みなさん、手を挙げられますか?!」(向井)という呼びかけによってナチュラルな一体感が生まれた「Comin‘ up」を披露。ネオソウル、オルタナR&Bのテイストを交えながら、日本語のポップスへと昇華したアルバム「COLORLESS」の魅力が、ライブの冒頭から生々しく伝わってきた。


2


3


「知ってる人は心の中でいっしょに歌ってください!」と呼びかけ、ポップ&ソウルフルなボーカルが響き渡った「I Like It」、アタックの強いファンク・ビートによって、観客のテンションがさらに上がった「FREER」、そして「COLORLESS TOUR 2021、ようこそおいでくださいました」「1年以上ぶりに皆さんの前で歌うことができてます」「最後まで“最高”と言ってもらえるように、心を込めて歌います」というMCの後は、シックな手触りの楽曲を次々とパフォーマンス。


抑制の効いたトラックと憂いを帯びたボーカルが溶け合う「Sorry Not Sorry」、ソファに座りながら<いっそすべて 終わらせられたなら/けど心は まだあなたのもの>と痛々しいまでの切なさを滲ませた「Bed」、“父親代わりだった兄貴”のことを思って作ったというアコースティックなナンバー「HERO」。すべてのフレーズに濃密な感情を込めながら、快楽的なフロウに結びつけるボーカルは、まさに絶品。


4


そう、この時間帯のなかで感じられたのは、シンガーとしての深みだ。人前で歌う機会が失われたこの1年、彼が自身の内面と向き合ったことは想像に難くない。その過程のなかで向井は、自らの歌の表現を追求し続け、さらに豊かな表情を手に入れた。その事実が手に取るように伝わってきたのだ90年代のR&BへのリスペクトとJ-POP的なアプローチを融合させ、前向きなメッセージを響かせた「僕のままで」、官能的なボーカルラインと<君の理想に染まることも/愛おしいから>というフレーズが溶け合う「What You Want」など、再びアルバム「COLORLESS」の楽曲を続けた向井。


5


1stアルバム「BLUE」(2017年)の収録曲「眠らない街」、EP「24」(2016年)に収められた初期の名曲「SPEECHLESS」(2016年)などを新たなサウンドデザインとともに披露した後は、「みなさん、楽しんでますでしょうか?」と笑顔で語り掛け、メドレーコーナーへ。

次のページ>>

  • 1
  • 2
メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス