メニューを開く

up!!!

検索を開く
ゴスペラーズ・安岡 優
ゴスペラーズ・安岡 優が無意味で面白い!? 最高のパフォーマンスを披露!

ゴスペラーズの安岡優が、9月14日(月)に『安岡 優 ソロライヴ2020 “お兄さんと一生!?”』を東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催した。ソーシャルディスタンスを遵守した中で観客を入れ、同時に配信ライブも行うというこの日のスタイルは、安岡自身にとっても、グループにとっても初の試みであった。


目と耳で余韻を楽しむ“言葉”をテーマにしたライヴに!




19時30分。開演と同時に配信もスタート。抒情的なメロディーが流れる中、安岡 優がステージに姿を現す。オープニングを飾ったのはロックバラード「Your Hero」だった。安岡が作詩(山田ひろしとの共作)・作曲を手掛けた、ゴスペラーズのナンバーである。曲中の<誰より側で守りたい><世界も救えないし、空も飛べないけれど、>というフレーズが、誰もが抱える“先の見えない不安”という日常の闇に、小さな光を灯した気がした。




「皆さんこんばんは、安岡 優です」と挨拶。これまでの配信ライブに触れながら、会場にいる観客の拍手が本当に力になったと振り返った。そして「配信をご覧の皆さんにとっては(会場の)皆さんの拍手の音もライヴの一部となります。どうぞよろしくお願いします」と続けた。さらに、ライブ配信を鑑賞している皆さんにも楽しんでもらうため、歌詩をテロップで流します、会場にはスクリーンで出しますと説明した後、こう締め括った。

「歌詩を見て歌を聴くと、目に余韻が残る。配信を観ている皆さんには、目と耳で余韻を楽しんでください。今夜は“言葉”をテーマにしたライヴです。最後までどうぞよろしくお願いします」

スツールに座り2曲披露した後「さあ、忙しくなりますよ、この曲は」と、アイドルグループ・アンジュルムに歌詩を提供した「カクゴして!」を披露。




ダンサブルなアップチューンを長いジャケットの裾を翻し歌い始めた安岡。歌詩の中には“満場一致”や“命がけ”など“ハロプロらしい”と思わせる言葉もあり、作詩家の一面を感じる1曲だった。エンディングの<カクゴして!>という決め台詞では、カメラ目線でウィンク&指ピストルでバキューン、というアイドル顔負けのパフォーマンスを見せた。

次のページ>>

  • 1
  • 2
メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス