メニューを開く

up!!!

検索を開く
UNISON SQUARE GARDEN
UNISON SQUARE GARDENが生配信ライブ第二弾を開催。「なんだこのセトリ」と驚き&喜びの声であふれた充実の内容をレポート。

UNISON SQUARE GARDENが8月22日(土)、生配信ライブ第二弾『USG 2020“LIVE (in the) HOUSE 2”』を開催した。ファンからのリクエスト31位から70位の楽曲で構成された今回のライブでは、ふだんはあまり演奏されないレア曲も披露。




配信ライブならではの演出やカメラワーク、そして、生々しい臨場感に溢れたパフォーマンスによって、画面の向こうの“オーディエンス”を熱狂させた。




序盤から前回配信を超える充実の演奏


最初に映し出されたのは、ギターを持った斎藤宏介の手元や足元。エフェクターを踏み、鋭利なギター・カッティングを響かせる。さらに鈴木貴雄、田淵智也の姿を手持ちのカメラが捉え、「マスターボリューム」からライブはスタート。

『MIDNIGHT JUNGLE』『fake town baby』とアッパーチューンを続け、ステージの熱量を一気に上げる。3人が向かい合い、お互いの音をぶつけ合い、高めていくパフォーマンスはまさに圧巻だ。








「今日もMCなし!」(斎藤)とまったく止まることなく楽曲を重ねる。『ライトフライト』『サンポサキマイライフ』などコアな楽曲も取り込まれ、コメント欄には「かなりレア」「意外な選曲!」「なんだこのセトリ」と驚き&喜びの声が上がる。

3人の演奏も前回の配信ライブ以上の仕上がり。それぞれの表情や手元もふんだんに映され、至近距離でライブを観ているような感覚に捉われる。




ライブ前半のピークは、『23:25』。疾走感と手数の多さを共存させたドラム、攻撃的なベースのピッキング、そして、ギターの高速カッティングと起伏に富んだメロディ。全員が笑顔を浮かべ、このライブを全身で楽しんでいることが伝わってきた。




斎藤、田淵が向き合って演奏するシーン、「23:25」を表示したデジタル時計をステージに置く演出も印象的だった。

30分以上ほぼノンストップで演奏を続けた後は、なんとアコースティック・コーナーへ。キャンドルの炎が幻想的なムードを醸し出すなか、斎藤、田淵が椅子に座り、アンプラグド的な雰囲気で『ぼくたちのしっぱい』『チャイルドフッド・スーパーノヴァ』『未完成デイジー』を披露する場面はきわめて貴重。アレンジ、音色、演奏を含めて、UNISON SQUARE GARDENの音楽的な奥深さをじっくりと味わうことができた。

次のページ>>

  • 1
  • 2
メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス