メニューを開く

up!!!

検索を開く
今年クル!!!ニューカマー・ライブ TAMTAM シナリオアート asobius


 uP!!! NEXT Vol.4、今回のアクトは今春メジャー・デビューが決定し注目度が高まっているダブ・バンド・TAMTAM、そしてこのライブの翌日、1月15日にメジャー・デビュー・ミニ・アルバム『night walking』がリリースとなる3ピース、シナリオアートと、昨年デビュー・ミニ・アルバム『Rainbow』をリリースしイベントにひっぱりだこのasobiusの3組が共演した。

 まず登場したのは、TAMTAM。白いワンピースに身を包んでステージに現れたボーカルKuro、彼女の合図でライブは『Hero』からスタートした。

TAMTAM_1
裏打ちビートとキラキラした音色が飛び交うなか、サウンドに身を委ねステージを舞うように歌うKuro。オーセンティックなスカやレゲエを汲み、時に渋く、また高揚感溢れるアンサンブルを聴かせつつ、キャッチーなメロディやフレッシュなエネルギーでそれらをポップに昇華している。

TAMTAM_2
「あけましておめでとう!」とKuroは元気にあいさつ。2014年初ライブで緊張するということだが、エモーショナルな歌声とはちがったチャキチャキとしたキャラに会場の雰囲気も心地好くほぐれた。

TAMTAM_3
そしてKuroのトランペットから『シューゲイズ』、ライブ人気曲『Apple』へと続き、観客の体を気持ちよく揺らしていった。途中、ダブPAも紹介しディレイやリヴァーブなどダブ・サウンドならではの音響について「こんな感じです」と説明をしたり、初めてTAMTAMの音楽、ダブに触れる人にも優しいステージ。自分たちの好きな音楽をもっと身近に感じてほしい、そんな願いをサウンドやステージで表現するTAMTAMに観客は大きな拍手を贈った。

TAMTAM_4


 「混沌とした現実からのすこしの逃避行。そんな物語を歌い紡ぎます。シナリオアート、はじまりはじまり――」。ハヤシコウスケ(vo、g)の静かな口上で、シナリオアートのライブははじまった。作品ではよりドリーミーで物語的な面が強いけれど、ライブはかなりエキサイティング!

シナリオアート_1
ドラム&ボーカル・ハットリクミコはアグレッシヴにドラムを叩きながら切ない琴線を揺らすメロディを歌いあげ、ヤマシタタカヒサは、大きく体を揺らしベースをプレイしながら、男女のボーカル・ハーモニーをコーラスとしても裏からしっかりとバックアップする。

シナリオアート_2 シナリオアート_3
3ピースの限られた形態ではあるれど、ソリッドというよりは、メロディにあふれ、ハーモニーに富んだとても分厚くタフな印象。だからこそ、観客は全身を預けて楽しめるのだろう。新作からの曲が中心のセットリスト。もちろんここで初めて曲という観客も多かったはずだけれど、『ホワイトレインコートマン』などパワフルな演奏にぐいぐいと引っ張られていく。「今日は必然にも偶然にも僕たちと出会ってくれてありがとう」というハヤシの言葉と共に最後にプレイされたのは、記憶喪失の男の話『ハジメマシテ』。背を丸めてギターをかきむしりながらノイズを生み、声を振り絞るように歌うハヤシ。気力を尽くして放心する彼に、また3人を歓声が包む。短い時間だが、とてもいいステージだった。

シナリオアート_4


 uP!!!NEXT Vol.4のトリを飾るのはasobius。音楽ルーツがばらばらな5人。そんな5人の幅があるからこそ生み出せるスペクタクル・ロック・サウンドとでもいう、スケール感たっぷりのサウンドで会場を沸かせていく。

asobius_1
フロントマン・甲斐一斗は指揮者のタクトを手にしてバンドを指揮し、「いいね。その調子」と会場の空気をも指揮していく。ハレのダンサブルなビートとアッパーなコーラスが肝の『starlight』ではハンドクラップが起き、会場はぐっと一体感を増した。

asobius_2
伸びやかなハイトーン・ボーカルが描くメロディはファンタジックでありながらも、力強い。音源のカタルシス度の高い、濃厚なサウンド・アンサンブルと歌を、ライブという場で1ミリも損なうことなく、何倍にも増幅させて会場の空気を操っていくのは圧巻だ。

asobius_3
ラスト『all the things so far』では、観客を快楽と恍惚の彼方へと吹っ飛ばした。残念ながらアンコールはなしだったが、歓声や手拍子はいつまでも鳴りやまず。今年確実にくるニューカマー3バンドが、しっかりその高鳴る鼓動を刻んだ一夜となった。

asobius_4
Text:吉羽さおり
Photo:石井亜希

uP!!!NEXT VOL.4 SET LIST
<TAMTAM>
1.Hero
2.デイドリーアンドマリー
3.シューゲイズ
4.Apple
5.クライマクス

<シナリオアート>
1. ハロウシンパシー
2. サヨナラコウコツ
3.ホワイトレインコートマン
4.スペイシー
5.ポートレイトボヤケル
6.ハジメマシテ

<asobius>
1. made of my friend
2. starlight
3. discovery
4. I’m in the love
5. all the things so far
 

NEWS



uP!!!NEXT VOL.4 ライブ映像をスペースシャワーTVにてオンエア決定!!!
放送日時:2月11日(火)23:30~24:00〔リピート放送:2月19日(水)24:30~〕

TAMTAM『Polarize』
Album
発売中
1700円(MAOCD-35)
mao

Amazonで購入する


シナリオアート『night walking』
Album
発売中
初回限定デジパック仕様 1890円(KSCL-2346X)
Ki/oon Music Inc.

Amazonで購入する


asobius『Rainbow』
Album
発売中
1575円(RX-074)
RX-RECORDS/UK.PROJECT

Amazonで購入する

メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス