メニューを開く

up!!!

検索を開く

この春、スタンディングツアー「アーバンライブツアー2015 supported by uP!!!」を開催し、ダイナミズムを増したサウンド、エモーショナルな歌によって全国のファンを魅了したback numberからニュー・シングル『SISTER』が到着。「大塚製薬 ポカリスエットイオンウォーター」のCMソングとしても話題を集めている表題曲『SISTER』は、ヒットメイカー・蔦谷好位置のプロデュースによる爽やかで切ないアッパーチューンに仕上がっている。
6月6日(土)、6月7日(日)には、千葉・幕張メッセイベントホールでツアーの追加公演も決定しているメンバー3人にインタビュー!

――ニュー・シングル『SISTER』は質の高いポップネスとback numberらしい切なさがひとつになったナンバー。「ポカリスエット イオンウォーター」のCMソングとしても注目を集めていますね!

清水依与吏(vo&g):以前から憧れていたCMだし、「絶対、いい曲にしたい」というプレッシャーもありました。back numberらしい曲を書けばいいと開き直ってからは、わりとスムーズでしたけどね。まずは自分が聴いてテンションが上がるもの、ワクワクするようなメロディを作ろうと思って。

back number0527_1

――蔦谷好位置さんのセンスも上手く反映されていますよね。

清水:いままでそういう作り方をしたことはなかったんですけど、サビのメロディだけを蔦谷さんに渡して、曲全体のオケを先に作ってもらったんです。その上に僕がメロを乗せて、さらにアレンジを練り直してもらって。自分たちだけでやったら、たぶん、もっとシンプルな曲になったと思うんですよ。今回はCMソングということもあるし、「いままで通りのことをやっていてもダメだ」と思って。かなり苦労しましたけど、自分のコード進行とは違うところで、メロディを組み立てたので新しい風が吹いたっていう手ごたえはありますね。

小島和也(b):依与吏と蔦谷さんが話し合いながら、しっかり方向性を決めてくれたので、こちらもやりやすかったですね。

back number0527_2

栗原寿(ds):(小島と)ふたりでスタジオに入る時間も取れたし、どうすれば曲のゴールに近づけるか? というところを詰められたというか。

back number0527_3

――「君はまた光を放って行く/負けないで」というストレートな歌詞も印象的でした。

清水:曲を聴いてくれた人が「ちょっとがんばろうかなー」みたいな気持ちになってくれたらいいな、というのは意識してましたね。応援歌は難しいところがあるというか、もともと自分は応援歌を聴いて「よし!」って思うタイプではないんですよ(笑)。自分たちがやるからには、内面をさらけ出して、深く掘り下げないと意味がないとも思っていたし……。結果的には“一緒に悩む”みたいな感じの曲になったかな、と。こういうCMのお話をいただいて、頭を悩ませたからこそ出来た曲だと思いますね。

――期待に応えたいというモチベーションも強かったんでしょうね。

清水:そうですね。CMのクリエイターチームもいいものを作ろうと一生懸命だし、「この曲があったから、成立した」と納得してもらえるような曲にしたかったから。そういう状況を楽しめているのも良かったですね。

  • 1
  • 2
メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス