メニューを開く

up!!!

検索を開く

ゲスの極み乙女。が本日10月28日に東京・豊洲PITにてワンマンライブ「uP!!!NEXT VOL.9~ゲスはすごいよ~」を開催した。

この公演はゲスの極み乙女。とエンタメサイト「uP!!!」のコラボレーション企画で、2万5000通の応募の中から抽選で選ばれた3000人がこのライブに参加。バンドは明日10月29日にリリースする1stフルアルバム「魅力がすごいよ」の収録ナンバーを多数盛り込んだセットリストで、大勢のファンを熱狂の渦へと巻き込んだ。

定刻を5分ほど過ぎた頃、川谷絵音(Vo, G)、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr)、休日課長(B)がステージに現れると、場内には割れんばかりの歓声が沸き上がる。川谷の「行くぞー!」という掛け声を合図にバンドは「パラレルスペック」でライブの口火を切り、間髪入れずに「キラーボール」を投下。序盤にして大盛り上がりの会場に川谷の「豊洲PIT!」というシャウトがこだました。

その後バンドは休日課長の骨太なベースサウンドが会場を揺らした「星降る夜に花束を」、ちゃんMARIのピアノをフィーチャーしたナンバー「列車クラシックさん」、川谷の切ない歌声から始まる「猟奇的なキスを私にして」と「魅力がすごいよ」の流れをくんだセットリストを展開。続く「アソビ」では休日課長のグルーヴィなベースといこかの的確かつ豪快なドラミングがボトムを支え、場内に観客とメンバーによる「パラリラパラリラ」という大合唱が響きわたった。

川谷の「アルバムの曲を3曲連続でやりたいと思います」という宣言のあと披露されたのは「ラスカ」。その後「デジタルモグラ」「crying march」が投下され、オーディエンスはバンドが繰り出すサウンドを受けて思い思いに身体を揺らした。

昨日Twitterで買ったと報告していたニューギターでライブに挑んだ川谷だったが、演奏中に弦が切れてしまうというトラブルも。川谷がギターを調整している間にはちゃんMARIによる「コポゥ!」と「ヴァッ!」で観客と盛り上がり、休日課長による奇怪な「ケチャップ……」という声をいこかが気持ち悪がるというお決まりのやりとりが行われた。手元に愛器が届いた川谷は普段いこかに熱い視線を送る休日課長が、最初はいこかに興味がなく、彼女の別バンド・マイクロコズムの太田美音(Vo, G)を気に入っていたということを暴露。うろたえる休日課長に対しいこかは「サイテー」と吐き捨て、フロアからは爆笑が起こった。

休日課長は太田に土下座をすると約束してMCを締めくくり、「ゲスは!」「すごいよ!」というタイトルコールでライブを再開させる。川谷のかき鳴らすギターからライブアンセム「餅ガール」へと突入すると会場の熱気はピークに達した。そのままバンドは「jajaumasan」へと雪崩れ込み、観客のボルテージを更に上昇させる。そしてラストナンバー「ユレルカレル」が披露されたところでライブは幕引きとなった。


(撮影:岩佐篤樹)

ゲスの極み乙女。「uP!!!NEXT VOL.9~ゲスはすごいよ~」
2014年10月28日 豊洲PIT セットリスト

01. パラレルスペック
02. キラーボール
03. 星降る夜に花束を
04. 列車クラシックさん
05. 猟奇的なキスを私にして
06. アソビ
07. ラスカ
08. デジタルモグラ
09. crying march
10. ドレスを脱げ
11. 餅ガール
12. jajaumasan
13. ユレルカレル

メニュー閉じる

申し込み対象

各プランにご加入中のお客様はラベルが掲載されている特典にお申込みいただけます。

プレミアム auスマートパスプレミアム
スマートパス auスマートパス